別離や孤独による寂しさ

別離や孤独による寂しさ

販売価格: 1,500円

0件のレビュー
Essence 在庫
ハニーサックル
ゴース
チコリー
ウィロー
バイン

販売価格: 1,500円

数量:

商品詳細

孤独に慣れていない犬が突然、長い間、家に置き去りにされて閉じ込められることがあります。

たとえば、飼い主が新たに就職した時などです。

また、犬が飼い主を家中追いまわすことに慣れていると、ひとり取り残されることに耐えられません。

犬が噛む、引っかく、掘るなどの行為で汚したり壊したり、また吠えるなどの行為は、別離の不安に起因することがあります。フラワーレメディはこうした症状に対処します。

しかし一方で、一人残されることに慣れるよう犬を育てることは、本来は飼い主の責任です。

犬が家中を部屋から部屋へあなたを追い掛け回さないように、楽しみを与えてやってください。

長い時間噛んでいられるスナック、転がすのが楽しいボール、犬用ビスケットなどです。

あなたが外出するときだけ楽しみを与え、あなたが戻り次第それらは取り上げてください。

これはあなたが家を空けることを犬が楽しみにするように仕向ける目的です。

また、帰宅した時にあまり大騒ぎしないこと。

まずは犬を無視して、コートを脱いだりした後に、犬を可愛がってやってください。

外出中、ラジオやテレビを音量は小さめにして、つけ放しにするのも一案です。

こんなことでも犬は慰められます(留守にみせない防犯対策にもなります。)。

 別離によってペットの感じる感覚は様々にあり、その行動もまちまちです。

人間と同じ言葉を話さないのですから、ペットの行動をよく洞察して、フラワーエッセンスを選んであげてください。

 

 

ハニーサックルのフラワーレメディは、飼い主との別離による一般的な不安に、または飼い主が留守のために犬や動物が「ブルー」な気分のときなどに多く使われます。

動物は遠咆ええをしたり、ドアを引っかいたりします。

ハニーサックルは、「すべて昔のまま変わらないほしい」という気分のときに、また、飼い主が長期間留守にしたり、亡くなったりして、犬が恋しがるときに効果があります。

 

ゴースのフラワーエッセンスは、恋しい飼い主がいなくて絶望的な気分になり、悲嘆にくれているような犬/動物によいでしょう。

また、飼い主が亡くなって、犬が生きる力を無くした時、ゴースは活力を取り戻してくれます。

 

チコリーは、飼い主が留守だと、いつもより元気になるような犬に向いています。

こういう犬は、いつも注目の的にいて、来客時には飼い主を困らせてばかりで、飼い主の電話中に吠えたりします。

こうした行動には支配的な要素があり、間違った育てられ方によることが多いのです。

飼い主が犬をベッドで眠らせたり、テーブルで食事をさせたりするために、チコリー・タイプの犬が作り出されるのです。

こうしたケースでは、最初の不安の問題と同時に、支配的要素をなんとかしなければいけません。

チコリーのフラワーエッセンスは、注意を引こうとする行動を鎮めます。

しかし、それだけではすべての問題は解決しません。飼い主が犬の支配の問題を解決できるかにかかっています。                      

 

バインのバッチフラワーレメディは、犬が一匹で取り残されるのをひどく嫌がり、とても支配的な行動をする犬によいでしょう。

バインは集団で最も権力のあるリーダーという思い込むような、犬の支配的な傾向を軽減します。

忘れてならないのは、支配的な犬の問題を扱う時はいつも、フラワーレメディに頼るだけではなく、きちんとしたしつけで症状の改善を高める必要があることです。

 

ウィローのフラワーエッセンスは、別離によって起こった怒りを鎮めるのに効き、犬の支配的な傾向を軽減します。