12/7/19 メソッド

こちらのメソッドを使って、独自のコンビネーションエッセンスを作ってみましょう。

12ヒーラーズは、あなたの生まれつきの特性と特質のレメディとして、あなた自身の性格やあなたの人格を表しています。

セブンヘルパーは、長い間続いている感情の状態をサポートするエッセンスです。

それらの状態は、あなたの本来の姿を隠してしまいますから、自分に適したコンビネーションを選ぶとき、自分が知らない自分自身を発見するためにも、セブンヘルパーを考えることが重要です。

このことによって、12ヒーラーズのグループによるレメディを見つけやすくなります。

セカンドナインティーンのレメディは、日常にありがちな精神的、感情的な困難を克服することに使い、差し迫った問題に役立ちます。

バッチ博士が開発したフラワーレメディの最後のグループである、二番めの19種、セカンドナインティーンのエッセンスは、あらゆるネガティブな出来事に対する、どんな感情の反応にも対応するために作られました。

 

 

人にはそれぞれ生まれ持った個性があり、性格があります。これらはさまざまな要素により複雑に形成されているので、フラワーレメディを摂ることで、その人の個性や性格がすっかり変わってしまうという劇的な変化はもたらしません。

が、誰もが持つ欠点ともいえる、心の中にあるネガティブな感情のバランスを上手に取ることで、徐々にその欠点が改善されていくことになります。

例えば、親切で温和な性格を持っているけれど、自己犠牲的で他人に対して「ノー」と言えない人は、セントーリー を摂ることで自分をいたわることができ、人に自分の意見をいえるようフラワーレメディが作用します。

また、内心では苦痛に耐え苦しんでいるのにも関わらず、人前では笑顔を絶やさず平静を装っている人は、アグリモニー を摂ることで心の痛みや悲しみを覆い隠すのではなく、気持ちを解放し浄化できるよう働きかけてくれます。

 

性格や個性を基準にしてレメディを選んだとしても、性格が急に変わったり、ネガティブな要素が全く消えてしまったりというわけではありません。ですが、怒りっぽい人が徐々に落ち着き、寛容に物事や人と関われるようになる、おとなしくて人前で意見を言えない人が自分に自信を持てるようになる、といった効果は期待できます。
レメディを長期間取ることで、少しずつあなたのネガティブな局面が落ち着きを見せるようになるでしょう。

 

いつもというわけではないけれど、その日の状態や環境によって感じる一時的な感情というものもあります。そんな時にもフラワーレメディは効果を発揮してくれます。

例えば、何かのきっかけでささいなことが気になりだし、頭から離れず眠れないようなときには、ホワイトチェストナット が理性をととのえ、心配ばかりしてしまう気持ちを前向きな方向へと導いてくれます。

あなたの個性・性格に合わせて選んだ基本のレメディに、日々の感情変化に対応するレメディをプラスして服用することで、ストレスから解放された穏やかな生活を送りましょう。

 

7つの感情のグループごとに色分けされてわかりやすいので、詳細はリンクをクリックしてください。

7つの感情グループから選ぶ

こちらのリンクは、全38種類のレメディで、日常にありがちな問題をサポートします。

個別のエッセンスごとに選ぶ